フォト
2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

twitter

無料ブログはココログ

« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »

2012.03.25

au sauvage (ソヴァージュ)

Moe1203251


札幌円山裏参道 フレンチレストラン au sauvage 

今年から奇数月に1度開催される「ふろーりすと咲季」の贅沢アレンジメントの会の会場になっています。
お花を作ってから、ランチをいただくのですが、と~っても美味しいです(*^^*)

オードブル・メイン・デザート。
ランチに量もちょうど良い感じ(^^)
お花にいくのがますます楽しみになりました。

au sauvage のHPは → ☆こちらから

続きを読む "au sauvage (ソヴァージュ)" »

2012.03.24

春のブーケ

Moe1203241


2ヶ月に一度の「贅沢アレンジメント」
3月は「春のブーケ」でした。

螺旋状に花を束ねていくのですが、それがちょっと難しい^^;
ラッピングまでして完成です(*^^*)

お花は・・・

クリスマスローズ・ユキヤナギ・カラー・カーネーション・バラ・アルストロメリア・レモンリーフ・ベアグラス・モンステラ

続きを読む "春のブーケ" »

2012.03.18

Canon EOS 5D MerkⅢ 特別体験会

Moe120318


3月22日発売、Canon EOS 5D MerkⅢの特別体験会が3月17日、キヤノンマーケティングジャパン 札幌支店で開催されたので行ってきました(^^)

EOS 5D MerkⅢの撮影体験コーナー、EOS 1D X Power Shot G1 X のハンズオンコーナー、PIXUS PRO-1の展示説明、等々行われていました。

また、田中達也さんのスペシャルセミナーもありました。

とりあえず、体験・・・シャッターが軽くて静か、さらに静音モードもあるらしいです(^^)
ま、素人の私には、体験したからと言って何がわかるかと言えば、わかることなどさほどないのですが~とりあえず行ったので触ってきた^^;
私、5Dは、どれも使ったことがなかったので操作ボタンの位置に関しては違和感等なかったのですが、今まで5Dシリーズを使っていた方は、ボタンの位置が変わっていたらしく覚えるまでちょっと大変かも~という声が聞かれました。
いつも思うのですが、どうしてボタンの位置かえちゃうのかな~?
カメラのボタンの位置って身体が覚えちゃっているので慣れるまでちょっと違和感あるんですよね。
私は、キヤノンとペンタックスとオリンパスを使っているのでそれぞれ違うのですが、同じメーカーのカメラをバージョンアップしていく方は大変だろうな~と思います。

セミナーの方は、新機能についてなのでとてもわかりやすかったです。
私のカメラはもうすでに古いので高感度撮影には耐えれないのですが、新しいカメラはその点が段違いに改善されていますね。
夜景も手持ちで撮影する私にとっては、うらやましい限りです。
多重露出撮影とダイナミックレンジモードも面白かったです。
カメラの中で簡単にできてしまうのが良いな~と思いました。

昨日の体験会で思ったことは、もう素人はRAW撮影する必要がないということ・・・きっと、素人の私がRAW現像するよりカメラの方が優秀です。

でも、もしも、今の私のカメラ、EOS40Dが壊れてもEOS 5D MerkⅢは買わないと思います。
鳥さんとか自然の中で撮影しているときは、やはり、少しでも望遠に有利でいたい。
APS-CでOKです(^^)
さらに・・・手持ちはSレンズが多いのですよ~EOS 5D MerkⅢでは使えないのです。
ちょっと、残念なオチでした^^;

2012.03.11

3月11日

Moe120311_2


震災から1年が過ぎた今日のこの日、昨年と全く同じ、穏やかな春を感じさせる1日です。
この1年が長かったのか短かったのかはわかりませんが、あれから、時は刻一刻と過ぎ、1年後の今日という日を迎え、また明日へと止まることなく過ぎていきます。

そして、人は、その命を失うまで生き続ける。
これまでも、これからも・・・。

2012.03.04

夕陽

Moe120304


最後に夕陽を見て美瑛ともお別れです。
名残惜しいな~。

次はいつ来られるかな?

相変わらず、太陽を直に入れた撮影は下手ですね・・・がっかり感満載です。


Moe1202202


そして、旭川近くで見た西の空・・・縦に伸びる光?
こんな夕焼けは、はじめて見ました。

« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »