フォト
2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

twitter

無料ブログはココログ

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

2012.02.29

メルヘンの丘

Moe1202291


ここも定番(^^)
西陽射すメルヘンの丘・・・

ここがメルヘンの丘という名前だと知ったのはつい最近です^^;

2012.02.28

クリスマスツリーの木

Moe1202282


午後4時・・・。
この時間になるともう雪は白く写ってくれません。

かといって、夕焼けまで待っていると何時に家にたどり着けるかわかりません。
刻一刻とタイムリミットが近づいてくる・・・クリスマスツリーの木。

ひかり

Moe12022781


冬の空はめまぐるしくかわります。
晴れたり曇ったり雪が降ったり・・・。

2012.02.27

哲学の木

Moe1202271


もう1週間も経ってしまいましたが、美瑛日帰りの続きです(^^)
「哲学の木」
昨年も一昨年も何度か美瑛に行っていますが、この「哲学の木」は久しぶりのような気がします。

2012.02.20

親子の木

Moe1202201


久しぶりに日帰りで冬の美瑛へ行ってきました(^^)
お友だちに運転してもらったので私は乗っていただけなのですが~久しぶりの遠出です。
心配していたお天気もなんとか夕方には晴れ間もでました。

まだ画像の取り込みが終わっていませんが1枚だけupしました。

冬の親子の木です。

2012.02.12

雪の小樽運河

Moe02121_2

さっぽろ雪まつり・小樽雪あかりの路、今日が最終日です。
冬らしく、1日雪が降ったりやんだりしています。

雪まつりの1日目、2日目は、とても暖かく、まさかの小雪像の倒壊(-_-;)
怪我をされた方もいらしたとか、お見舞い申し上げます。
けれど、その両日の他は、例年になく、気温の低い日が続きました。

観光のみなさん、楽しんでいただけたかな~たくさん、思い出を持ち帰ってください。


Moe02022


私は、昨日、小樽雪あかりの路へ2度目のお出かけです。
昨日は、雪が降っていたので小樽運河でストロボを使って遊んできました^^;

ストロボを使って雪を写すのは、真っ暗なところでもできるのですが、私的には、これくらいの薄暗さが好きです。
また機会があったら試してみようと思います。

2012.02.09

さっぽろ雪まつり・白い恋人

Moe1202092


さっぽろ雪まつり、大通り3丁目では「白い恋人 PARK AIR スノーボード大会」が開催されています(^^)
天気予報では雪の予報でしたが、朝から晴れていたのででかけてきました。


Moe1202093


Moe1202091


青い空と白い雪。
間近で観る迫力あるストレートエア(*^^*)

寒い1日でしたが、あっという間に時間が過ぎました。

撮影は、全部で12GB(@_@)
失敗写真を消すのが大変でした^^;

2012.02.06

第63回さっぽろ雪まつり

Moe1202051


2月6日から12日まで、第63回さっぽろ雪まつりが開催されます(^^)
開幕前夜、大通り公園へ行ってきました。

毎年、前日には試験点灯されているかも・・・ということで、今年もお客さんがたくさんきていました。
お店も開店しています(^^)


Moe1202052


今年は開幕前日が日曜日だったので少し早めにロープとかも撤去されていたようです。
雪像前まで立ち入ることができました(^^)


Moe1202053


白い恋人 PARK AIR は、3丁目です。
今年もお天気の良い日に観にいきたいな~(*^^*)


今年は比較的気温が低く、会場は足下けっこう滑ります。
温かくしてお出かけください(^^)


第63回さっぽろ雪まつり 詳細は → ☆ こちらから

2012.02.03

第14回小樽雪あかりの路

Moe201202031


今日から第14回 小樽雪あかりの路が始まりました(^^)

開催期間は、2012年2月3日(金)〜2月12日(日)(毎日午後5時〜9時)
小樽市内各所で雪あかりが灯ります。

オープニングセレモニーの運河会場から手宮線会場を回ってきました(*^^*)


Moe201202032


今年もたくさんの雪とろうそくで作られた灯りがいっぱいです(*^^*)


Moe201202033

北海道だけでなく、全国的に寒い冬・・・小樽運河にも薄氷がはっていました。
暖かくしてお出かけくださいね(*^^*)


小樽雪あかりの路 詳細は → こちらから☆

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »