フォト
2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

twitter

無料ブログはココログ

« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

2008.06.30

6月の旭岳

Moe0806301

6月27日、友達と旭岳へ行ってきました(^^)
旭岳といっても登山ではありません。
ロープウェイに乗って「姿見の池」周辺を散策してきました。
咲き始めたお花はもちろんですが、この時期、旭岳で営巣するといわれるギンザンマシコという赤い鳥さんも見たいな~とおでかけしました。

Moe0806302

ギンザンマシコが多く見られるのは第3展望台、ここを拠点に1日、姿見の池周辺を散策です。
この時期は、ノゴマが多く見られます。雄がハイマツの天辺で声高らかにさえずっていました。
他にもギンザンマシコ、ホシガラス、等々・・・。
そして画像は、初見、初撮りのカヤクグリです(*^^*)

Moe0806303

そして、時期的にはちょっと早いお花は、エゾノコザクラ、エゾノツガザクラ、ミツバオウレン、ジムカデ、キバナシャクナゲ等たくさん咲いていました。
画像のお花は「チングルマ」です。
シーズンになったらどんなに素敵だろうと思いをはせ・・・(*^^*)

今はまだ残雪残る旭岳ですが、29日には山開き、明日7月からはいよいよシーズンイン。
今度は登山もしたいな~と思いました(^^)

2008.06.21

ジュリア

Moe080622

4月の高温、5月の低温に心配しましたが私のベランダでもばらが開花しはじめました(*^^*)
今年の1番は・・・なんと「ジュリア」蕾から開花まで超スピード、開ききったあともあっという間に・・・^^;
以前から蕾から開花までが早いな~とは思っていましたが・・・。
大きな花を3輪つけてくれました。
ちょうど開花した後に強い風・・・花びらが傷む前の咲きかけの「ジュリア」です。
見てください(^_-)

2008.06.18

光の庭・E*garden

Moe0806183

久しぶりに輝く夏を思わせる陽射しの今日、札幌市手稲区前田にあるえりこさんのお庭「E*garden」へおでかけしました(^^)
今年は思いもかけない4月の高温と5月の低温で大変なシーズンの始まりでしたが、今日のE*gardenは夏の陽射しにかがやいて光の庭のようでした(*^^*)
ジャクリーヌヂュプレが満開、とても良い香りです。

Moe0806182

いよいよ、ばらの季節(^^)
ショップへのお客さまも次から次へと・・・えりこさんはとても忙しそう(*^^*)
毎日、毎日、ばらが開花する季節となりました。
とても綺麗、とても素敵な香りなのでおでかけされる方はお早めに・・・(^_-)

Moe0806181

お気に入りの場所も健在です(^^)
今日は良いお天気だったのでとても爽やかな場所になっていました。
ここに座ってゆっくりお庭をながめる・・・とても贅沢な場所。

今日の画像、ちょっといつもとかえてみました。
1.4/50 開放側でソフトフィルターをつけてあります。
ふんわり輝くお庭・・・に見えるかな~。

えりこさん、今日はありがとうございました(*^^*)

2008.06.14

蒼い滝野

Moe080614

札幌で一番春の訪れ夏の訪れが遅い「滝野すずらん丘陵公園」にもやっと初夏の風が吹き始めました(^^)
蒼いシーズンが始まります。
ヒマラヤの青いけし、イングリッシュブルーベル、亜麻、シベリアアヤメ、続々と開花中(*^^*)
蒼い花を見たい方はお早めに滝野すずらん公園へおでかけください。

Moe0806142

Moe0806143


2008.06.13

小樽・奥沢水源地

Moe080613

小樽の奥沢水源地・水管橋の一般開放が、6月1日(日)から始まりました。
水源地の開放は水道週間だけでしたが、水管橋は6月1日から11月3日10:00~16:00まで開放されています。
これからの暑い夏に向けて涼しげな「水すだれ」が見られますよ(*^^*)
秋の紅葉の頃もきっと綺麗でしょうね。
小樽に行ったら寄ってみたい場所です。

2008.06.09

第17回YOSAKOIソーランまつり

Moe080609

6月4日から8日まで札幌では第17回YOSAKOIソーランまつりが開かれました(*^^*)
せっかくのおまつりなのですが、札幌って「おまつり」とつくと雨が降るんです。
YOSAKOIも金土と雨に・・・^^;
でも、最終日は、踊り子さん達の熱気で雨雲も吹き飛び、快晴の中でのフィナーレでした(^^)
私も雨が上がった土曜日の夜と日曜日の昼間に撮影に出かけました。
YOSAKOIでは、はじめての夜の撮影。難しかったです。
日曜日は、大通公園がたくさんの人出・・・身動きとれず、8丁目のステージまでたどり着けませんでした^^;
画像は、道庁前で「酪農学園大学」元気な学生さん達の演舞です。

ファイナルは自宅のTVでゆっくり観戦~。
どのチームも素晴らしかったです。
今年のYOSAKOIソーラン大賞は「平岸天神」でした。平岸天神のみなさん、おめでとうございます(*^^*)
参加チームのみなさん、お疲れさまでした。また来年素敵な演舞を見せてくださいね(^^)/

2008.06.03

青いけし

Cp080603

昨日、滝野すずらん丘陵公園でこのお花の様子を見て、そろそろ百合が原公園では開花しているのではと思い行ってきました。
まだまだ咲き始めでしたが、きらきらの初夏の陽射しに薄く透けるブルーの花びらがとても綺麗です(*^^*)
見頃には早いと思いますが、開花しはじめています。
満開を迎える頃にはとても混むと思いますが、やはり、たくさん咲いているときに行きたいですね。
1週間くらい経ったらまた様子を見に行きたいと思います。

2008.06.02

チューリップ・国営滝野すずらん丘陵公園

Moe080602

4月の高温で開花が早まったチューリップが5月の低温でとても長持ちしました(^^)
今年は長い間チューリップの花壇を楽しむことができましたね。
札幌では、ここ、滝野すずらん丘陵公園がいつも最後のチューリップになります。
実は、もう1週間くらい楽しめそうなチューリップでしたが、先週の低温・強風・雨の影響で「灰色カビ病」が発生したそうです。
今日、中央口の歓迎の花壇、カントリーハウスの庭園でチューリップの摘み取り作業が行われていました。
これからの花の季節、他の花々に「灰色カビ病」が伝染しては大変です。
残念ですが、今日で滝野のチューリップは見納めになりました。
最後の日に、ぎりぎり行けてラッキーでした(^^)
チューリップさん、また来年ね~(^^)/~~~

2008.06.01

タウシュベツ橋梁

Cp0805251

タウシュベツ橋梁は、旧国鉄士幌線(1987年廃線)が1939年に十勝三股駅まで開通した際に、音更川の支流であるタウシュベツ川に架けられたコンクリート製アーチ橋。
1955年に、発電用人造ダム湖である糠平湖が建設され、橋梁周辺が湖底に沈むことになったため、士幌線は湖を避けるように新線がひかれました。
その時に、橋梁上の線路は撤去されたものの、橋梁自体は湖の中に残されることとなり現在にいたっています。
糠平湖は、季節や発電によって水位が劇的に変化するため、橋梁全体が水に覆われてしまう時期もあれば、水位ゼロとなって橋梁全体が見渡せる時期もあり、その様子から、「幻の橋」とも呼ばれています。

今回、久しぶりに道東へプチ旅行(^^)
私自身は、4歳から成人するまで帯広で育ちました。
その間、年に何度も糠平湖を訪れていたにもかかわらず、この橋のことを知りませんでした(もったいないことを~^^;)
数年前に雑誌の紹介でこの橋のことを知り機会があったらぜひ行ってみたいと思っていたので今回のプチ旅行、夫に無理を言ってこちらまで回ってもらいました。

Ph0805302

この時期、この場所の水位は0。むき出しになった橋の風景も不思議な感じでしたが、橋周辺に見られた切り株の跡も糠平湖が作られた湖であることの証明です。
ダムによって沈む森林や町や村の話はよく聞きますが、そのまま沈めるのではなく、木はすべて切り倒し、建物は壊してからダム湖になるのですね。
よくよく考えると当たり前のことなのですが、湖に沈む・・・建物や木々がそのままの姿で水のそこにあるような気持ちになってしまっていました^^;

今回、糠平湖の泥にはまるという大失敗もありましたが、懲りずにまた行ってみたい場所です(^^)


« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »