フォト
2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

twitter

無料ブログはココログ

« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »

2007.01.28

釣り人の海

Moe070128

土曜日、今日の日曜日とテニスの試合がありました。
土曜日は勝ち進みましたが、2日目の今日は早々に負けてしまいました^^;
主催者側からお昼のお弁当をいただき、時間があったので鳥見に行きましょうということになり石狩方面へ・・・。

途中、街路樹のつぐみやひよどり、川原の鴨たちを見ながら石狩の海へ(^^)
海へ続く道は、あちらこちらでもう除雪がされていません。でも、石狩浜の駐車場から海へ続く道が一ヶ所だけ開いていました。そこから浜辺へ・・・。

残念ながら海鳥の姿は見えませんでしたが、冬の寒い中釣りの方たちが・・・。
少しだけ写真を写して、近くの温泉「番屋の湯」へ寄って帰りました(^^)
ちょっぴり幸せな休日でした(*^^*)

2007.01.26

はつはるの洋ラン展

Moe070126

1月の百合が原公園温室では蘭展が開かれます。
今年も1月16日(火) ~ 1月28日(日)まで小温室で開催中です。
北海道蘭友会の会員さんが作った蘭も展示されています。
本当にたくさんの種類があってとてもにぎやかな展示会になっていました。
また開催期間中は、洋ランの販売、蘭友会会員さんによる洋ランの栽培相談も行われています(^^)
日曜日までです。まだの方はお早めに・・・(*^^*)

2007.01.25

あとり

Moe070125

今日は1日雪の札幌でした。仕事がお休みだったので午前中は鳥見に行こうと思ったのですが、こんなに雪が降っては無理。残念でした^^;
でも、家の近くでこの子達に会いました。冬の渡り鳥「あとり」です。スズメ目アトリ科だそうです。
たしかにスズメ大の大きさ。人が来てもすぐには逃げません。ナナカマドの実が大好きな様子(*^^*)
昨年は、見られなかったのですが、今年はこんなに自宅の近くで見られて嬉しいです(^^)

2007.01.24

つぐみ

Moe070124

秋には苦かったナナカマドの実も寒気や雪にあたり甘くなったようです(^^)
美瑛では「あとり」を見ました。札幌の西野、石狩の花川では「きれんじゃく・ひれんじゃく」の姿も見られます。
今日は仕事に行く途中、いつも通る新琴似と屯田のあいだにある防風林で「つぐみ」を見ました。
車をとめ観察する私にかまわずゆっくりとお食事中^^;
「きれんじゃく・ひれんじゃく」だとこうはいきません。写させてくれてありがとう(^^)

2007.01.21

雪の丘へ・・・

Bieiw1

あこがれの丘。はじめて冬の丘を写しに行ってきました(^^)
お天気の長期予報では雪マークばかり・・・どきどきしながら晴れの週末を待ちました。
今週末なら晴れマークが出ているかもということで、急に決まった金曜日の真夜中の出発。
着くまでは猛吹雪でしたが、到着後は小降りに・・・丘の駐車場で朝を待ちました。
あちらこちらで動き出す除雪車。雪はまだ降り続いています。
後で聞きましたが、一晩で30㎝ほどの積雪だったとか・・・。
土曜日は、時々小雪舞う薄曇り、午前中いっぱい撮影をして、徹夜の疲れをとるために白金温泉へ(^^)
今日の日曜日、夜明けまでは曇り空でしたが、夜が明けてからはぴ~かんのお天気。
まぶしい朝日の丘を体験できました(*^^*)
写真もたくさん写しました。upするのでクリックしてみてくださいね。

Bieiw2

Bieiw3

Bieiw4

2007.01.16

雪のニセコ・日帰りの旅5

Niseko5

夜のニセコ、窓の外は雪が降り続いていました。
そろそろお別れの時間。名残惜しいけれど、やはり、今日は帰らなくちゃね。
伏見先生の大きな手と握手をしました。
お酒を飲まないyodaさんにニセコの駅まで送っていただく「またおいでよ」の言葉にホッとして「ほら、駅。写して帰りなよ。きっと綺麗だよ」
雪が降り続くニセコの駅前。誰もいない・・・オレンジ色の灯りが暖かい感じ。
「ありがとう」ウズラ号に手を振って、誰もいない駅舎に入る。
本当に誰もいない。時間になったら自分で勝手にホームに出て列車に乗らなくちゃ・・・生まれも育ちも北海道だけれど、その中では比較的都会(千歳・帯広・札幌)で過ごしてきた私にはびっくり・・・なニセコの駅だった。
列車が来る10分前までニセコの駅を外から、10分前からはホームで今日はじめての三脚を使っての撮影。
最終列車は、上りも下りも21時13分。長万部行きが先に来た。
その後から来た札幌行きには私ともう一人しか乗らなかった。
たった7時間のニセコだったけれどとても長い時間に感じた。まるで夢の中の出来事のようでした。
一駅一駅、ニセコから遠ざかるたびに現実へと戻っていく。冒険の終わりにふさわしい時間が過ぎていきました。

雪のニセコ・日帰りの旅にお付き合いいただきありがとうございました(^^)
帰ってきて数日、それぞれこの出会いに参加された方たちの何かが動き出しています。
いつかまた出会いたい。その時には、私の中の何かも変わっていたらいいな・・・と思います(^^)

画像は、昨日からHPphotoでupしています。

2007.01.15

雪のニセコ・日帰りの旅4

Niseko4_1

さすがに日が落ちると寒さを感じないなんて言えなくなるニセコ。
ナイターの灯りがつき始めたアンヌプリで気温がマイナス10度以下になったな~と感じました。
ここで私のカメラに異変?さすがに冷えてきたのか、ズームの動きが遅くなりました。あらら^^;でも、マイナス10度以下だから仕方ないかも~。
雪もずっと降り続いていて、私のカメラは電源を入れるとレンズ部分が前に出てくるタイプ。アダプターをつけて雪対策はしていました。それでもレンズに降り積もる雪に光が乱反射してできあがった画像は世にも不思議なフィルターがかかったようなものもありました^^;
明日のめどが着いたようす、明日の打ち合わせのためにSaison Clubへ戻ります。
伏見先生、yodaさん、ウズラちゃん、Saison Clubのオーナー千葉さんのご厚意で夕食をご一緒させていただくことになりました。

Saison Club到着後、yodaさんに丸太舟さんから電話が・・・。
電話の向こうで丸太舟さんは「yodaさん、恐くないですか?」と不安そう・・・。まだお会いしたことがないそうです。
「大丈夫ですよ。とても優しい方です」と言ってyodaさんにタッチしましたが・・・後から聞くと「女性には優しいけどね!」とyodaさん風にジョーク^^;
当初から12日にニセコへいらっしゃることになっていた丸太舟さん。札幌からピックアップもできますよ・・・とyoda
さん経由でおっしゃってくださっていました。
実は、もしかしたらとってもご近所さま(*^^*)今回はお会いできませんでしたが、いつか・・・いつか会える日が来るかと思います。

傍らでは、伏見先生のD70を借りてウズラちゃんが写真教室の生徒さんになっていました。
「いいよね。最初の先生が伏見先生なんてうらやましいな~」とyodaさんと私。
そこで私は、何枚か写真教室の様子を・・・(*^^*)お二人の姿が私だけの思い出になりました。

楽しい時間はあっという間に過ぎて、私が帰宅できる最終列車は長万部からくる札幌行き21時13分ニセコ発・・・へ続く。

2007.01.14

雪のニセコ・日帰りの旅3

Niseko3_1

ひらふで、伏見先生は「温度計」を購入。
「何度だと思う?」の問いに先生はもちろん、yodaさん、ウズラちゃんは、マイナス10度以下の気温をあげていました。
最後にたずねられた私・・・。実は、外を歩いていても全然寒さを感じなかった^^;
風があまりなかったせいもあるのだけれど、あの乾いたキンという刺さるような寒さがない。
「マイナス9度^^;」本当はもっと高めに言いたかったんだけれどマイナス10度以下にはなっていないという意味でマイナス9度にしてみました。
早速外へ・・・でも、暖かいお店の中にあった温度計の表示はなかなか低くなりません。しばらく待ったのですが残念ながらマイナス5度で私たちの方がギブアップ^^;
翌日からも活躍したかな?>温度計。最低気温は何度だったでしょう?(^^)

北海道の夕暮れは早く、特に雪の日はあっという間に暗くなってしまいます。
明日のロケ地をさがして、アンヌプリへ・・・。
ナイターの灯りがつきはじめたスキー場はとても幻想的。見とれてしまう世界でした(^^)
時刻は16時30分過ぎ・・・デイとナイターの狭間の時間帯、スキーヤー・ボーダーもひと休みの時間です。

コースを整備するために圧雪車が降りてきました。大きなライトが宇宙船のよう・・・。
綺麗になったコースをスキーヤー・ボーダーが圧雪車の後を滑り降り綺麗なシュプールを描いています。
先生もイメージがわいたみたい・・・明日のロケはここのようです(*^^*)
いいな~明日も来たいな~^^;
そう思いながら今日のロケハンはお終いです。
続きは、Saison Clubで・・・(^^)

2007.01.13

雪のニセコ・日帰りの旅2

Niseko6

伏見先生のニセコ1日目は、2日目に行われる撮影のロケハンです。
私も同行させていただきました(^^)
そこでまず、カメラの装備。今回のロケでは寒さ対策も(^^)
ポケットタイプのコンパクトデジタルカメラならインナーポケットとかで事は済みますが、デジタル一眼となると懐に入れておくのも大変。寒さに対する装備が必要です。
実は、倶知安駅で20分ほど停車時間がありました。私は編み物に夢中でしたが、先生はホームに出て撮影。
「寒いね~」と戻っていらしてからカメラのバッテリー部分に使い捨てカイロを貼っていました。
yodaさんの装備は、カメラに薄いスポンジ状のお洋服(専用カバー)を着せてからカメラバックに入れていました。もちろん使い捨てカイロも用意していらっしゃいました。
「それはマニアックだよ~」と先生。たしかにプロの装備かも・・・北海道のカメラマンには手に入れやすい装備かな?電気屋さんで見たことがあるカバーでした。
先生は、たとえば東京の若者がはじめてのスキー場でいざ写そうとしたときにバッテリー切れという悲しい事態(私も一昨年前のホワイトイルミネーションで体験済み-_-;)に陥らないようにするためのアドバイス。
先生が取り出したのは、使い捨てカイロではなく、火を使うタイプのカイロ。使い捨てカイロは人肌がないと温まらない可能性があるそうです。そこで火を使うタイプのカイロをカメラバックの中に入れておくと良いのではとのこと。

装備を確かめてロケハンに出発です(^^)
yodaさんの運転するウズラ号に乗せていただいてニセコを走ります。超がつくほど方向音痴の私は、どこを走っているかまったくわかりません^^;
「こう真っ白だと方向感覚狂うね」と先生。はい、さっぱりわかりません^^;
でも、地元のyodaさんとウズラちゃんは大丈夫(^^)vウズラ号はすいすい進みます。
このウズラ号、本州からウズラちゃんと一緒にフェリーでやってきた本州っ子です。寒冷地仕様にしてもらったのかな?雪をものともせず走ります。すごい(@_@)
あ・・・ミルク工房(ここは私にもわかりました~)向かう先はニセコ東山です(*^^*)
ニセコ東山の売店で先生はカイロ用のオイルを購入・・・白樺の林がとても綺麗だったのですが・・・。
私ってどうも初めての場所では、なかなかカメラを出すことができません(>_<)
実は、最初に寄ったSaison Clubでも・・・yodaさんどうして写さないのかな~って不思議に思ったと思う。
引っ込み思案というか、思い切りが足りないというか、消極的・・・いつもいつも難しい~(>_<)
特に雪が降っていたのでこの時点でカメラはまだリュックの中です。もったいない・・・。

次に行ったのはひらふ・・・。JRの駅からは離れているところにスキー場があるそうでスキー場の周りはとてもにぎやかな街です。
先生はスキー場のコースに入って翌日の撮影、スノーボードを滑らせる場所を見ています。先生とyodaさんがロケ地をさがしている間に私もカメラを出してカシャ!(^^)v
ウズラちゃんも携帯のカメラでカシャ!!(*^^*)
スキー場、実ははじめて(今日ははじめてばかり^^;)札幌にいても冬道が恐くてスキー場には近づけません。貴重な撮影。
先生はキッカー(スノーボードのジャンプ台)をさがしています。
「雪の少ない時期にはつくるんだけど・・・」とyodaさん。
キッカーさがしの旅へ続きます。

画像は、ロケ地をさがして・・・ここの針葉樹の前素敵です(^^)

2007.01.12

雪のニセコ・日帰りの旅1

Nisako1

1月11日、エキサイトブログのyodaさんにお誘いいただき日帰りでニセコへ・・・(^^)
平日だったけれど冬休み中だったのでお得な「一日散歩切符」が使える日でラッキー(^^)v
取りあえず、小樽まで出てあとは、小樽12時20分発の長万部行きに乗りニセコを目指しました。
ニセコ着は14時06分の予定。
時間が長いので列車の中で編み物を・・・(今年の春、幼稚園を卒園する子ども達へのプレゼントを作る季節がやってきました^^)
目を増やしたり減らしたり、作り方のプリントを見ながら集中集中・・・その時、お向かいの座席からカシャ!カメラのシャッター音が・・・ふと目をあげるとNikonのD200。
もしや、今日のゲストの伏見先生では?
思い切ってお声をかけるとそうでした(*^^*)
ローカルな汽車?(子どもの頃から線路を走るのは汽車だと思っている^^;)の旅も素敵な伏見先生のおかげで何倍も楽しくなりました。

予定通りニセコ到着!朝里から降り続いていた雪はニセコでもふわふわと舞ったりしんしんと降り続いたり。
雪のニセコははじめてです。シンと冷えた空気がとても気持ちいい(*^^*)
yodaさんとウズラちゃんが「ウズラ号」で迎えに来てくれました。
「来ちゃったよ~」と伏見先生(^^)
「はじめまして」・・・女の子じゃなくてごめんなさい^^;声が若いから女の子と思われていたような・・・^^;

まずは、伏見先生が宿泊する「Saison Club」へ・・・。
そこでコーヒーと紅茶をいただき・・・さあ、冬のニセコへ(*^^*)

ここからしばらく「雪のニセコ・日帰りの旅」が続きます。おつきあいくださいね(^^)

2007.01.06

記念日

Moe20070106

いつまでもこんなふうにいられたらいいね(*^^*)
視線の先に子ども達が健康で元気にいてくれたらいいね(*^^*)

2007.01.05

だれだろう

Moe20070105

今日もお休みで良いお天気。カメラを持ってちょっとドライブ(*^^*)
季節はずれの海の方へ行ってみました。水鳥さんいるかな?
でも、ちょっと海は波が立っていて水鳥さんは早々にあきらめました。でも、ただでは帰りません。海を写して(証拠写真^^;)海岸線をちょっとドライブ。
おや、誰だろう?金色に輝く(日が当たって)鳥さん。
翼を広げると・・・どうやら猛禽類のようです。猛禽は「ふくろう」と「とび」しかわかりません^^;
ちょっと遠いですが、写してみました。白っぽく見えるのでなかなかピントが合わないし、電柱や電線にとまるし(-_-;)
う~ん、図鑑で調べたら「けあしのすり」みたいなんですが・・・知っている方、教えてくださいね(^^)
ピンボケだったのでトリミングしてシャープネスかけてます。それでもボケボケですが・・・^^;

2007.01.04

今年もよろしく(^^)

Moe20070104

昨年の夏、かわいらしい雛をみせてくれたふくろうのカップル。
冬の間はお気に入りの木に2羽でゆっくりしています。
冬は、つるつる道路が恐くてなかなか行けないのですが今シーズンは暖冬(^^)
幹線道路は乾いていて夏の道です。
でも、この後は、いつ雪が降るかわかりませんし、明日からのお天気も・・・。
思い切って会いに行きました(^^)

2羽でうろに入っていてくれました。嬉しい(*^^*)
会えてよかった。今年もよろしくね(^^)

2007.01.03

星のような物語・星野道夫展

Moe20070103

大丸札幌店7階ホールで2006年12月27日から2007年1月8日まで「星のような物語・星野道夫展」が開催されています。
入り口を入ると真っ白いあざらしがお出迎え、その後は、ずっと野生動物やアラスカの風景、オーロラ等のパネルが続き、入ってすぐから足を止めて見入ってしまいました。ところどころでDVDも上映されています。また撮影日誌等も展示されています。
明日の夜にはNHKでも番組が予定されているそうです。

星野道夫さんが撮った美しい地球、10年経った今もまだ美しいままでしょうか・・・。

2007.01.01

初詣

Moe11

昨日は娘が紅白をみて、その後、年の初めはさだまさし・・・(密かにファン)をみて、2時過ぎに北海道神宮まで初詣に行ってきました。
息子はここ数年続けて神宮へお参りしているのですが、私ははじめて^^;
混んでいたら帰りましょ・・・みたいな気持ちで出かけましたら、さすがに時間が時間だけに空いていました。
車で行ったのですが駐車場はもちろん、参道も余裕。
息子曰く「12時頃来るとギュウギュウなんだよね」だそうで「来年もこの時間にしよう」だそうです。

四季折々に美しい姿を見せる北海道神宮。
普段、カメラを持ってお散歩しますがなかなか中まで入る機会はありません。今日が2回目^^;
今年も境内を散歩させてくださいねってお祈りしてきました(^^)

謹賀新年

Moe200711

あけましておめでとうございます。
今年もどうぞよろしくお願いいたします。

« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »